読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすすぎるお金の話『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』レビュー

お金のことは考えないといけないなーと思いつつ、難しそうだし、メンドクサイし、損するのが怖い。『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』は、難しいお金のあれこれを対話形式でわかりやすく紹介してくれるとても良い本だったので…

憧れのチョイ山暮らし!『自作の小屋で暮らそう Bライフの楽しみ』が超オススメ!

「日本でもこんな半無人島みたいな暮らしができるのか!」と感動したサイトの書籍版が発売!元がブログなためか、非常に読みやすい文章で書かれていてするすると読めるので、まるで自分が体験しているような投入感があって、とても楽しい本です。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座が情報量多すぎて辛かった件

『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』は、「こうしたら人気ブログ作れます」という内容の本です。目次を見てわかる通り、本質的なところから、具体的なやり方、ちょっとしたテクニックが全部入っています。ここに書かれている…

理系健康エッセイマンガ『ぼくの体はツーアウト』が無料だったので読みましたレビュー

『ぼくの体はツーアウト』は、ビジネスジャンプで2010年20号から2011年21・22合併号まで連載していた、健康がテーマのエッセイマンガ。現役SEのよしたにさんが、体質改善のために様々な治療やサービスを利用した体験をマンガにしています。健康がテーマだけ…

これはしんどい、さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポレビュー

高校卒業以降、いろんなことが上手く行かず、うつや摂食障害などを患った著者が、自分で自分の半生や考え方価値観を振り返った結果、親の評価を得るために子供でいようとする自分に気づき、その価値観から抜け出すために「大人がすること」=「性的なこと」…

夢中になれるものが君をすげぇやつにするんだ!やりたいことをやろう本『ソース』レビュー!

ソースは、ワシントン州で上院議員を務めた経験のあるマイク・マクマナス氏による、自己啓発本。アメリカではあまり注目されなかったようですが、日本では一時期ブームになったそうです。よくある「やりたいことをやりなさい」系の本なのですが、世間の常識…

引き寄せの法則の原典『ザ・シークレット』を今さら読んだのでレビューする!

ザ・シークレットは、『引き寄せの法則』を提唱した、ロンダ・バーン著の自己啓発本。2006年に刊行され、2007年に日本翻訳版が刊行され、これまでに全世界860万部を売り上げています。著者は、TV番組プロデューサーとして活躍していたロンダ・バ…

牧村朝子さん監修のエッセイマンガ『同居人の美少女がレズビアンだった件。』レビュー

『同居人の美少女がレズビアンだった件。』は、同性愛者の人が必ず体験する不快な体験をきちんと描きながらも、すごくライトでコミカルでした。 誰が読んでもさらっと楽しく読めてしまう作品ですね。 『レズビアン』という人じゃない生物がいるわけでなく、…

読み物としても楽しい!『2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム』レビュー

『2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム』は、テクニック的なところは他の断捨離本とほとんど同じなので、それほど目新しさは感じません。しかし、勝間さんの実体験や感想・分析、断捨離前後の写真などを交えて語られているため、断捨離を実…

大人の進研ゼミ!マンガでわかる 非常識な成功法則を読んだ!

『マンガでわかる 非常識な成功法則』は、自分の望みを叶えるための方法について書かれた、『非常識な成功法則』のマンガ版。本家『非常識な成功法則』は、2002年に発表され、25万部を超えるベスト&ロングセラーとなっているそうです。

人生は自分の手中!アドラー心理学ブーム火付け役『嫌われる勇気』

『嫌われる勇気』は、フロイト、ユングと並ぶ、心理学界の三大巨匠であるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、哲学者と青年の対話形式で解説している本。人間はみんな自分の主観で生きているので、考え方を変えさえすれば、今この瞬間から幸…

「与えよ、さらば与えられん」嫌われる勇気の続編、幸せになる勇気を読んだ

累計発行部数130万部に達した『嫌われる勇気』の続編。フロイト、ユングと並ぶ、心理学界の三大巨匠であるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、哲学者と青年の対話形式で解説しています。内容的には、日常よく見聞きする幸せ法則である「…

わーい!ホリエモンの新刊「君はどこにでも行ける」試し読みできるよ!

2016年3月25日発売の堀江貴文著「君はどこにでも行ける」がcakesで特別先行掲載中です。出所から2年半で、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さんが、この日本という国で僕たちがどう生きればいいのかを考えた本。表紙は「テルマエ・ロマエ」のヤマザ…

副業から複業、競争から協力へ!月3万円ビジネス!

月に3万円までしか利益を上げない小さなビジネスをたくさんやったら良いってことが書いてあります。 月に3万でも10個やってたら、というモデル。 いわゆる複業ってやつですね。 月3万しか儲からないビジネスなので競争がなく、分かち合うことでぬくもり…

ブログ飯と技術書ばかり、1月に買った本7冊

年末に今年買った本まとめを作成したのですが、まぁ量が多くて大変だったので、月一でつけていくことにしました。 年末には面白かった本まとめを作りたいと思います。 ということで今日は、1月に買った本のまとめです。

次の本を買う前に読みたい「読まなくてもいい本」の読書案内

複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義について、それぞれの考えがどう生まれ、その考えが生まれたことで、それ以前の定説がどう役に立たなくなったかといったことがストーリー調で描かれています。一言でまとめると、「これらの説が出現してからそ…

起業4か条にピタリ!個人で稼ぐ力: スモールビジネス起業のすすめ

『個人で稼ぐ力: スモールビジネス起業のすすめ』は、タイトル通り起業をオススメしている本です。成功談も失敗談も具体的なエピソードで語られているので、イメージが沸きやすく、読むとやってみたくなる点が魅力であるように感じました

ミカン13個を3人で分けるには?『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』が面白かった話

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』は、ラテラルシンキング(水平思考)についての書籍。エジソンやジョブズの成功エピソード等の様々な具体例を提示しています。

マスコミのいうことなんてウソですから!反社会学講座

社会学なんてものは、気に食わない対象をディスるための仮説を立てて、都合のいいデータを持ってきて本を書くだけのテキトーな研究だ!というパオロ・マッツァリーノさんの反社会学講のご紹介。

人の性質から社会問題を解く『不愉快なことには理由がある』が大変面白かった。

『不愉快なことには理由がある』は、色々な問題を、進化論や、心理学などを用いて説明したり、解決案を出したりしている本。 『週間プレイボーイ』に連載中していた「そ、そうだったのか!?真実のニッポン」というコラムのまとめだそうで、一章一章が短くと…

109の技を大公開!『今すぐ使えるかんたんExアフィリエイト本気で稼げる!プロ技セレクション』を読んだ!

みなさまごきげんよう! 嗚呼蛙でございます! 昨日一昨日と難しい内容を取り上げてしまったので、今日は読んだ本の感想を書いていこうと思います。 今日ご紹介いたしますのは、『今すぐ使えるかんたんExアフィリエイト本気で稼げる!プロ技セレクション』(…