読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのキーワードでアクセスある?キーワードプランナーで検索キーワードを見直そう

SEO 便利ツール紹介

キーワードプランナー

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

今日は昨日に引き続きSEO対策の話をしていこうと思います。

先週行った副業セミナーで聞いてきた使い方なのでバッチリのはず!(なにが)

 

ちなみに昨日の記事はGoogleトレンドの活用法でしたので、未読の方はこちらも合わせてどうぞ。

hatena.aaafrog.com

  

 

 

 

 

SEO対策のキーワードって何?

SEO対策の基本に「キーワードを選定する」というものがあります。

GoogleやYahooなどの検索エンジンを使って自分のサイトに訪れる人は、何かしらのキーワードで検索をしてサイトにたどり着くわけですから、よく検索されるキーワードや、より自分のサイトに合ったキーワードを選んだ方が、来てもらいやすくなるというわけですね。 

例えば、iphoneのケースを紹介するサイトなら、「iphoneケース おすすめ」「iphoneケース 丈夫」などがキーワードとして考えられます。

 

 

より良いキーワードの見付け方

では、キーワードの中で、どういうワードがよく検索されるのか。

これを調べるにはGoogleのキーワードプランナーを使うのが一般的です。

先ほどのiphoneケースの紹介サイトの例でみてみましょう。

 

このiphoneケースサイトは、記事中の表記を「アイフォンケース」にしているサイトだとして、キーワードを調べていきます。

キーワードプランナーに「アイフォンケース」と入力して調べてみましょう。

「キーワード候補」の「月間平均検索ボリューム」を見ると、18,100件検索されていることがわかります。 

キーワードプランナー

 

 

さらに関連キーワードを見てみましょう。

「月間平均検索ボリューム」順に並び替えると、ボリュームの多いキーワードを見つけやすいです。

「アイフォンケース」よりも「アイフォン6 ケース」の方がボリュームが多いことがわかるので、記事の表記を「アイフォン6 ケース」に変えた方がアクセスが増えそうであると予想できます。

キーワードプランナー

 

 

また、「アイフォンケース」は、「iphoneケース」とも表記できるので、両者の比較も見てみましょう。

「iphoneケース」の方がボリュームが多いことがわかるので、表記を「iphoneケース」に変更した方が良さそうなことがわかります。

キーワードプランナー

 

 

こんな感じで、自分の書く記事に含めるキーワードを選定すると、よりアクセスアップが期待できるようになります。

 

 

キーワードプランナーの使い方、始め方

キーワードプランナーの使い方はとても簡単。

まず、キーワードプランナーのページにアクセスし、ログインします。

※Googleのアカウントが必要なので、ない方は登録が必要になります。

キーワードプランナー

 

 

「宣伝する商品やサービス」のところに、調べたいキーワードを入力し、[候補を取得]をクリックします。

キーワードプランナー

 

 

「キーワード候補」をクリックすると、候補の一覧を確認することができます。

キーワードプランナー

 

 

まとめ

  • キーワードプランナーでは検索ボリュームの多いキーワードを調べられる
  • 検索ボリュームの多いキーワードを選ぶとアクセスアップが期待できる
  • キーワードプランナーの使い方は簡単

記事を書く前にボリュームの多いキーワードを調査して需要の多い書くこともできますし、すでにある記事のキーワードを見直す際にも使えます。

使いこなすのは難しいでしょうが、操作は簡単ですし、意外なキーワードに出会えたりして楽しいので、ぜひ触ってみてください。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。