読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業に最適!在庫0でも商品を売れるAmazon輸出について聞いてきた!

f:id:aaafrog:20151025094339p:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

ブログで数千円とか稼げるようになってから、小遣い稼ぎって面白いなーと思って色々情報を集めている今日この頃です。

昨日は、勝間塾の方で開催されていた副業セミナーに行ってきました。

これが中々良さそうだったので、シェアしたいと思います。

 

ということで今日は、Amazon輸出についてのお話です。

 

 

 

 

 

Amazon輸出って何?

日本のAmazon、または、楽天などのネットショップや、そこら辺の店で商品を仕入れて、海外のAmazonで売るという副業です。

海外のAmazonの出店アカウントさえあれば誰でもできるそうです。

 

講師の方によりますと、出品した商品に注文が入ったら、仕入れて梱包して発送するという、1日1時間程度の作業で30万くらいはいけるそうです。

 

講師の方のブログ

ms-t.biz

 

 

在庫なしでも出店可能

仕入れて売る商売なのに、なんと、自分で何も売る物を持っていなくても始められるそうです。 

「売り物がないのに販売ができる?ちょっと何を言ってるのかわからないです」って感じだったんですが、今手元に商品がなくても「これ売りますよー」って商品の情報だけを出しておいて、注文が入ったタイミングで仕入をすればよいということなんだそう。

 

注文を受けてから仕入れをして発送すれば、在庫を持たなくてもいいので、辞めたい時にパっと辞められてリスクが少ないのだそうです。

在庫があると売り切るなりなんなりしないといけないですからね。

 

せどりにちょっと興味があったんですが、在庫抱えるのはちょっと怖いなと思っていたので、これはめたくそ魅力的なお話でした。

 

 

他にもあるAmazon輸出の魅力

リスクが少なく魅力的なAmazon輸出ですが、他にも以下のような魅力があり非常に惹かれております。

  • 市場規模が大きい
  • ライバルが少ない
  • 日本製というだけでポンポン買ってくれる
  • 時差があるので本業をしている時間に大きな問題が起きない
  • 消費税が丸ごと返ってくる
  • 梱包や発送など単純作業は委託できる

「Oh!Cool JAPAN!」とか言ってるかどうかはわかりませんが、その辺に売ってるノンアルコールビールや、コンドームなんかを日本の3倍の値段で買ってくれたりするそうです。

講師の方いわく「え?なんで?」って物でもポンポン買ってくれるので、何を売るかはそんなに悩まなくても良さそう

PS4が発売されているのにPS3が12万くらいで売れたこともあったそうです。

 

さらに消費税、これは日本で仕入れて日本で売る場合にのみ適応されるので、海外に売った場合は、申告すれば収めた消費税は丸ごと返ってくるのだとか。

講師の方は去年は200万くらい戻ってきたそうです。

 

 

Amazon輸出の難点

そんな感じで魅力的なAmazon輸出ですが、もちろん難点もあります。

ざっと聞いたことを上げると以下の様な感じ。

  • 英語必須
  • せどりほどではないが初期投資は必要
  • 維持費がかかる
  • 最初の3ヶ月はほぼ確実に赤字
  • アカウントを止められるとおしまい

英語はそこまで重要じゃないと講師の方はおっしゃっていましたが、話を聞いた感じ、英語でAmazonのサポートセンターとのやり取りや、顧客対応をしなければいけないようなので、ちょっとハードルが高そうに感じます。

自分の場合、英語苦手なので特に壁を感じますね。

 

 

Amazon輸出を始めるために必要なこと

Amazon輸出を始めるためには、揃えないといけないものがいくつかあります。

  • パソコン(Windowsの方が良い)
  • プリンター
  • パスポート等身分証明
  • クレジットカード
  • 出店する国のAmazonアカウント(月5000円)
  • 出品する商品を探したり顧客管理が出来るツール(月額5000~1万)

ツールは必須ではないですが、あった方が作業に使う時間が減るので使った方が良いのだそうですよ。 

 

 

シリーズ一覧

関連記事はこちらからどうぞ!

 

概要

Amazon輸出とは何か、メリット&デメリット 

第1回

Amazon輸出の1年、便利な拡張機能、コスト構造、売れない物 

第2回

アカウント開設、Amazon輸出用銀行口座開設、売れる物の探し方 

第3回

Amazon輸出の送料設定 

第4回

超簡単出品方法、売れる商品の見分け方 

第5回

最低限覚えておきたいSeller Centralの見方

第6回

関連商品のリサーチ

 

専門サイトも作成しています。

amaexpo-zero.link

 

まとめ

  • Amazon輸出は、日本で仕入れて海外に売るビジネス
  • 在庫なしで始められ、空き時間で出来る
  • 発送代行など委託先が充実
  • ただし英語のトラブル対応と、初期投資が必要

 

これ以外にも色々面白いお話を聞けましたが、長くなるので別の機会にします。自分の場合、英語が苦手なのと、落とし穴が不安なので、講師の方の個別コンサルを受けて出来ると思えたらやってみようかと。具体的なところを聞けたらまた記事にしようと思います。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。