読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わーい!ホリエモンの新刊「君はどこにでも行ける」試し読みできるよ!

君はどこにでも行ける

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

昨日、嫁たんが「ホリエモンが新刊出すんだって!試し読みしたけど面白そうだったよ!」というので、読みたくなったわたくし。

一時期ストーカーばりにウォッチしていた堀江さんの久しぶりの本ということで、興味津々。

 

ということで、備忘も兼ねて、堀江貴文さんの新刊「君はどこにでも行ける」の試し読み情報をご紹介します。

 

 

 

 

 

cakes先行公開中!堀江貴文著「君はどこにでも行ける」

2016年3月25日発売の「君はどこにでも行ける」がcakesで特別先行掲載中です。

初回はこちら。 

cakes.mu

 

3月10日朝の時点では第3回まで掲載されてました。

cakes.mu 

 

ゼロの時みたいに、20回近くまで公開されると嬉しいですね。

cakes.mu

 

 

「君はどこにでも行ける」の基本情報

出所から2年半で、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さんが、この日本という国で僕たちがどう生きればいいのかを考えた本。

表紙は「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさんが担当。

 

目次

はじめに 世界は変わる、日本も変わる、君はどうする

1章 日本はいまどれくらい「安く」なってしまったのか

2章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈アジア 編〉

3章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈欧米その他 編〉

4章 それでも東京は世界最高レベルの都市である

5章 国境は君の中にある

特別章 ヤマザキマリ×堀江貴文

[対談]ブラック労働で辛い日本人も、無職でお気楽なイタリア人も、みんなどこにでも行ける件

おわりに

 

 

3回までの見どころ

今の日本は、GDPがアメリカの4分の1、中国の半分以下、一人当たりGDPは世界27位というところまで衰退していて、アジアNo1だったのはもう昔の話になってしまっている、でもそれはビジネスチャンスなんだよ。

っていうような内容が書いてありました。

 

バブル時代の日本人が、物価の安い海外で豪遊したように、今中国をはじめとする外国人旅行者が日本で爆買いやらをしてる、と。

なら、かつての栄光を取り戻そうとするよりも、日本が安く遊べる国になったことを逆手に取って、観光立国していけばいい、と。

なるほどです。

 

グローバル化とかあまり興味がなくて、全然知らない分野なので今後も楽しみです。

これをきっかけに何かビジネスを考えられたらいいなぁ。

 

まとめ

  • 日本は衰退している
  • でもそれはビジネスチャンスになる
  • なんか希望が見えそうな気がする

堀江さんの本は「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」以来なので楽しみです。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。