読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高効能温泉!秋田県後生掛温泉に行ってきました!

f:id:aaafrog:20160921122242j:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

シルバーウィークを利用して、秋田県の後生掛温泉に行ってきました!

後生掛温泉は、実家の近くにある温泉なので、一家の御用達温泉になっています。

 

ということで今日は、秋田県の後生掛温泉に行ってきたレポートです!

 

 

 

 

 

後生掛温泉とは

後生掛温泉とは、秋田県鹿角市にある温泉。

岩手県と秋田県の県境に位置する火山、八幡平の山頂から少し西側にある、山の中の温泉です。

ごしょうがけおんせんと読みます。

 

泉質は、酸性硫黄泉で、源泉の温度は約85度。

神経痛リウマチ慢性婦人病に対する効能があると言われています。

 

 

後生掛温泉への道中

後生掛温泉へは車で行ってきました。

運転はパパン。

天気はイマイチでしたが、景色は米の収穫時期だったこともあり、中々絶景。

f:id:aaafrog:20160921122215j:plain

 

後生掛温泉は、八幡平の山奥にあるため、山道を上っていきます。

f:id:aaafrog:20160921122216j:plain

 

途中にあるドライブスルー的な建物。

遠目には廃墟なんじゃないかと思いますが、ちゃんと営業しています。

f:id:aaafrog:20160921122217j:plain

 

後生掛温泉の看板。

看板が出てきても、まだまだ先は長いのが地方の道です。

f:id:aaafrog:20160921122218j:plain

 

きのこの直売所がありました。

写真は撮れてませんが、山からとってきたと思しき、巨大なきのこがたくさん置いてましたね。

f:id:aaafrog:20160921122219j:plain

 

道の脇に温泉が吹き上げているところがあります。

昔、温泉宿が土砂崩れで流された事件があり、それ以降に吹き出るようになったそう。

前に見たときは整備されてませんでしたが、今は煙突みたいなものが立っています。

f:id:aaafrog:20160921122220j:plain

 

道中にあるビジターセンター的な建物。

古くなったのか改築しているようです。 

f:id:aaafrog:20160921122221j:plain

 

そんなこんなで、後生掛温泉に到着!

湯煙が立ち上っています。

f:id:aaafrog:20160921122222j:plain

 

さすがにシルバーウィークは混んでいますね。

車もバスもたくさん止まっていました。

f:id:aaafrog:20160921122224j:plain

 

 

後生掛温泉の施設

駐車場の前に、売店と宿泊施設があります。

f:id:aaafrog:20160921122226j:plain

 

日帰り温泉の受付けは坂を下りたところ。

f:id:aaafrog:20160921122228j:plain

 

この坂を下っていきます。

f:id:aaafrog:20160921122225j:plain

 

右方向には、温泉の湯煙が立ち上っています。

f:id:aaafrog:20160921122227j:plain

 

建物の裏手は、温泉の成分のせいで、植物が生えられない状態。

f:id:aaafrog:20160921123127j:plain

 

坂を下っていくと足湯があります。

f:id:aaafrog:20160921122229j:plain

 

中はこんな感じ。

6人まで利用できるようです。

f:id:aaafrog:20160921122242j:plain

 

こちらが日帰り温泉の入り口。

f:id:aaafrog:20160921122230j:plain

 

中に入るとフロントがあり、ここで入浴券を買います。

f:id:aaafrog:20160921122241j:plain

 

フロントの向かい側は売店になっており、名物の黒たまごや、お土産、食品、日用品などが販売されています。

f:id:aaafrog:20160921122233j:plain

 

東北限定焼きそば『焼そばBAGOOOON』もありました。

f:id:aaafrog:20160921122240j:plain

 

窓には不気味なクマ注意ポスター。

f:id:aaafrog:20160921122232j:plain

 

入浴券を買ったら階段を降りて大浴場に向かいます。

f:id:aaafrog:20160921122239j:plain

 

大浴場まであと少し。

f:id:aaafrog:20160921122238j:plain

 

大浴場の手前には湧水が。

浴場でも飲めるので、あまりここでは飲みませんが、冷たくて美味しい湧水です。

f:id:aaafrog:20160921133340j:plain

 

大浴場付近に貼ってあった掲示物。

登山道や、自然研究路の入り口にあるので登山で来ている人も多いです。

f:id:aaafrog:20160921122236j:plain

 

  

後生掛温泉の内部

カメラは持ち込めないので、ポスターをパシャってきました。

写真は男湯側です。

f:id:aaafrog:20160921122231j:plain

 

後生掛温泉の大浴場には、普通の風呂、頭を出せる木箱に入って蒸気で蒸される箱風呂、泥の入った温めの泥風呂、打たせ湯、泡の出る火山風呂と、露天風呂、サウナがあります。

 

「馬で来て下駄で帰る後生掛」というキャッチコピーにあるように、古くから効能の高い温泉として親しまれているよう。

実際、登山とかでヘロヘロになった状態で入ると、ビックリするくらい元気になったりします。

 

 

後生掛温泉のお土産

後生掛温泉の売店の様子。 

f:id:aaafrog:20160921122249j:plain

 

売店オススメお土産ランキングコーナーがありました。

No3のきびだんごが美味しそうです。

f:id:aaafrog:20160921122252j:plain

 

奥には、秋田らしいお土産もたくさん。

f:id:aaafrog:20160921122253j:plain

 

地酒も売っていました。

常温で日光に晒されているのが、ちょっと残念ですね。

f:id:aaafrog:20160921122251j:plain

 

飲み比べセットが欲しかったですが、荷物が重くなるので断念。

f:id:aaafrog:20160921122255j:plain

 

結局、オススメNo1の泥石けんを購入することにしました。

f:id:aaafrog:20160921122256j:plain

 

泥風呂のお湯と同じく灰色の石けんです。

f:id:aaafrog:20160921122257j:plain

 

 

後生掛温泉名物黒たまご

後生掛温泉に来たら必ず食べたいのが、名物の黒たまごです。

f:id:aaafrog:20160921122244j:plain

 

硫黄によって殻が真っ黒に変色していますね。

f:id:aaafrog:20160921122245j:plain

 

殻をむくと、ほんのり色づいた白身が現われます。

f:id:aaafrog:20160921122246j:plain

 

ばくり。

硫黄の風味がたまりません。

箱根名物の黒たまごとほぼ同じものですが、後生掛温泉の黒たまごの方が若干硫黄風味が濃い気がします。

f:id:aaafrog:20160921122248j:plain

 

 

まとめ

  • 秋田に行ったら後生掛温泉がオススメです!

温泉っていいですよね。フリーになったら温泉めぐりとかしてみたいと思います。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。