読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、みんなお酒飲んでも体痛くならないの?急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)について

ヘルスケア-病気 ヘルスケア 雑学

酔っ払い

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

以前、晩酌中嫁たんに、「酔っぱらうと体が痛くなるよね」と話したところ、「なにそれ?ならないよ!お酒やめた方がいいんじゃない?」と言われてしまいました。

どうやら普通の人は、お酒を飲んでも体が痛くなったりしないようです。

前にご紹介した閃輝暗点や、入出眠時幻覚のように、ならない人は全くならない症状なんでしょう、調べてみたら、急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)という名前の症状でした。

 

ということで今日は、急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)についてです。

 

体が痛くなる以外の症状についてはこちらへ。 

hatena.aaafrog.com 

 

 

 

 

 

急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)とは

急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)とは、お酒を飲んだときに起きる、筋肉痛のような痛み、だるさ、力が入らないなどの症状を指す言葉。

 

筋肉痛のような症状は、アルコールを摂取したときに、体内のビタミンが不足して筋線維が破壊されるために起こります。

ビタミンが不足するのは、肝臓がアルコールを分解するために体内のビタミンを消費するためです。

 

 

急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)になるとどうなる?

自分の体験談になりますが、急性アルコール筋症になると、酔っぱらってふわふわした感じになると共に、風邪で熱が出た時のように、体がだるくなり、節々や筋肉に鈍い痛みが出てきます。 

 

自分の場合は、首と、肩から二の腕辺りと、太腿の付け根、膝、ふくらはぎ辺りが、特にズーンとした感じが強く出ますね。

膝なんかは、登山とかで疲れてカクンカクンってなっている時のような感覚があります。

 

自分としてはこれが普通なので、このだるさや痛みが来ると「あ~、酒飲んだな~、まわってるな~、酔っぱらってきたな~」って気分になってました。

みんな同じ痛みを味わってると思っていたのに、自分だけ痛い思いをしていると知ってなんだかショックです。

 

 

急性アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)の対策

アルコールを摂取すると体内から、以下のような栄養素が失われます。

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ビオチン
  • カリウム
  • ナトリウム
  • クロール
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム

急性アルコール筋症は、特にビタミンBが不足することによって起きるので、サプリや、食べ物などでビタミンBを補給してあげると、緩和されるそうです。

 

今度お酒を飲むときにでも、サプリを取って効果を確かめたいと思います。

ビタミンBは、甘酒にも入っているので、甘酒でもいいかもしれないですね。 

hatena.aaafrog.com

 

実際にビタミンを摂取して飲酒してみました。 

hatena.aaafrog.com

 

 

まとめ

  • お酒を飲んで体が痛くなる症状を急性アルコール筋症という
  • 急性アルコール筋症は、水とビタミンの摂取で緩和される

日本酒を好んで飲むので、空き腹だったりすると、一口で症状が出ることもあります。元々週に一度くらいしか飲まないので、断酒する気はありませんが、ビタミンサプリは今度試してみようと思います。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。