読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の人生の最重要事項を特定する方法。人を診断してわかった診断、自己診断のポイント

f:id:aaafrog:20170221115749j:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

以前から度々ご紹介している才能心理学。

過去現在未来の自分の行動や思考の一貫性を見つけ、コアコンセプト(人生で一番重要視している価値観)に昇華することで、自分の進むべき方向を見極めましょうというようなメソッドで、自分の最近のお気に入りです。必要ない人には必要ないですが、モヤモヤ悩んでしまうタイプの人はやると非常にスッキリします。

 

いろんなところで勧めてるんですが、先日、ひょんなことから嫁たんのコアコンセプトを診断する流れになりました。

 

自分の診断だけでも相当苦労したので、人のコアコンセプトを見つけるなんてできるか不安だったんですが、3~4時間かけてヒアリングした結果、それらしいものに辿り着くことができました。お互い酒が入っていたので、精度に若干の不安が残りますが、自分の行動が一本の線で繋がった間隔はあるとのことだったので、それほど遠くないところまでは迫っているんだろうと思います。

 

ということで今日は、コアコンセプトを診断してみて感じたことと、自己診断する際のポイントについてです。

 

 

 

 

 

嫁たんのコアコンセプトを見つけるまでにしたこと

そもそも嫁たんは才能心理学とかまったく興味がなかったんですが、「やりたいことに沿ってないと頑張れないもんなんだよ!キリッ!」という話から、コアコンセプトについての話になりました。

 

やりたいことが「なんとなくこんな感じ」みたいなフワっとしたものでなく、「自分が一番大事なのはコレ!」といった具合にビシっと決まっていると、行動がしやすいし、決断も早くなるというメリットについての話から始まり、3つの質問に答えてもらって才能の源泉を特定。ここまでは割と簡単なんですが、ここから価値観を具体的な言葉にするのが結構大変で、いろんなことをヒアリングしました。

 

といっても最初の質問は、印象に残っている記憶についてだけです。その答えに対して、当時その出来事をどう感じたかその理由は何か、といったことを質問して、答えが返ってきたらまた質問してを延々数時間繰り返しただけ。不思議なものでこれだけで結構革新的なところまで辿り着くことができます。

 

人間は無意識に引っ張られて生きているので、意識的に考えて出した答えも、だいたい無意識の目指すトコロの周辺に点在しているので、出てきた答えを眺めていると段々と傾向が見えてきて、そのうちビシッとハマるキーワードがポッと出てくるんでしょうね。

嫁たんの価値観も無事に特定することができました。 

 

コアコンセプト特定のポイントは『問い』

今回、嫁たんの診断をしてみてわかったのは、コアコンセプトの特定には、質問の答えに対して問いを立てて、さらに深く考えることが必要だということです。

 

これは自分の例になりますが、自分は昔、同人誌即売会で販売するためのグッズを作っていたら、父親に「そんなに手間をかけて数百円にしかならないのか」と言われたことを非常に根に持っています。これを言われたときは非常に不愉快な気持ちになりましたし、今でも不愉快です。

 

これだけだと、「こんなことがあって不愉快だった」で終わりですが、これに問いを立ててあげると、本質が見えてきます。

 

なぜ不愉快だったのか

やっていることに水を注された、妨害されたから

なぜ妨害されたと感じるか

ちょっとした一言も大きな障害に感じるから

 

といった具合です。

もう何度か問うて答えてを繰り返して掘り下げていくと、衝突を避けたがる傾向や、自由を求めていることなどがぼんやり見えて来るわけです。

 

こういうことを複数の印象的な記憶に対して行うと、コアコンセプトの輪郭が次第にハッキリしていくんですね。

 

コアコンセプトを自己診断する場合は紙に書くとやりやすい

コアコンセプトを自己診断するときは、自由に書き込める紙を使った方が効率が良いです。

 

自分が自己診断をしたときはEvernoteを使ってやったのですが、テキストだといろいろと不便がありました。例えば1つの問いに対する答えが複数あった場合、紙なら空いているスペースに矢印を引っ張って書けばOKですが、テキストだとそうはいきません。強調したい箇所があった場合も、紙なら○で囲むだけですみますが、テキストは選択して太字や赤字にしなければならず、結構めんどうです。

 

めんどうだとやる気も削れていきますし、めんどうだなと考えているうちに重要な思考がザッと流れていってしまったりもしますから、できるだけそういうことが起きないように紙を使いましょう。大きい紙だとなお良いです。

 

コアコンセプトがハッキリすると、自分が明確になるので、頭のモヤがスキっと晴れます。いつもモヤモヤと迷いの中にいる感覚のある人は、ぜひコアコンセプトを探ってみてください。

 

才能心理学系は他にもこんな記事も書いています。 

hatena.aaafrog.com 

hatena.aaafrog.com 

hatena.aaafrog.com 

 

 

まとめ

  • 人の一番重要な価値観を特定するには問いかけと掘り下げが重要
  • 自分でやる場合は大きな紙があると便利

一人でやって1ヶ月かかることが、ヒアリングで数時間になるとはいえ、まだ時間かかり過ぎなので、これだとまだ人に提供できないですね。せめて1時間くらいにまで短縮したいところです。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。